<< 「ただいま」 の一歩 | main | 冬季休業のお知らせ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

スパニッシュ・コネクション with 仙道さおりさん ライブ

12月26日水曜日、ライブです。
フラメンコギターの伊藤芳輝さん、バイオリンの平松加奈さん、インドの太鼓“タブラ”の吉見征樹さんからなるスパニッシュ・コネクションと、ツアーのレギュラーメンバーでベースの伊藤寛康さん、そしてパーカッションに仙道さおりさんをお迎えしました。

実はCMやドラマの劇中音楽などで、そうとは知らずに聴いていることが多いというこのスパニッシュ・コネクションさんの音楽。興味深深で初めて聴きにきてくださった方も多数いらっしゃいました。

年の瀬のせわしない時期に、こんなにたくさんの方たちが。。。本当にありがとうございます。


メンバーが一人ずつ入場、徐々に厚くなる音とともに場内の期待も比例して高まります。1曲目はご挨拶替わり的にスパニッシュ・コネクション流の『星のフラメンコ』。あの曲がこうなりますか〜、ほ〜ぅ、とお客様の心の声が聞こえてきそうです。曲の後半ではチャチャチャの手拍子も楽しげに聴こえてきました。

オリジナル曲に加えて親しみやすい曲をイマジネーション豊かにアレンジされるのは、スパニッシュ・コネクションの音楽の要、リーダーでギターの伊藤芳輝さんです。


フロントの花、バイオリンの平松加奈さんはときに優雅に

お御足も麗しく、ときに激しく

物語を奏でます。

後方ですが見せ場では大いに魅せる仙道さん。木國堂でも確実にファンが定着。この日は葉加瀬太郎さんのツアーの合間に駆けつけてくれたのです。

ベースの伊藤さん、りりしい演奏姿がなくて申し訳ありません。伊藤さん同士のご挨拶。


そしてスパニッシュ・コネクションのエンターテイメントの要、タブラの吉見征樹さんはインストゥルメンタルグループながら歌や劇でお客様を楽しませながらも、タブラの魅力を存分に教えてくれました。

メロディも奏でられる太鼓、タブラ。共演者をも楽しませます。


ラスト、 喝采、 アンコール、 スタンディングオベーション。
初めて観られたお客様の感想がどうだったか、それは終演後のCDの売上にもはっきりくっきり現れていたのではないでしょうか。


音楽通の人も、あまり音楽に接する機会のない人も、みんな肩を張らずに楽しんだ一夜でした。
ありがとうございました。

















 

at 18:33, kobemokkokudo, Music Field

comments(1), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 18:33, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
玲子のとーちゃん, 2013/01/02 11:37 AM

2013年、今年もよろしく!!

素晴らしい演奏、そして素晴らしいリポートです!(拍手)










trackback
url:http://kobemokkokudo.jugem.jp/trackback/97